熱中症にご用心!~ちょっとの電話が命を救う~

熱中症とは、暑い環境の下で大量の発汗による脱水やNaなどの電解質喪失によりめまい・立ちくらみ・頭痛・嘔吐・倦怠感・けいれんなどの諸症状を来たす疾患である。

治療は、涼しい所での安静・体温管理・十分な水分とNaの補給が挙げられる。

熱中症は、老若男女問わず起こりうる。

若くて健康な人の熱中症では、

高温環境下での若者による激しい運動(スポーツ)や

肉体労働者である中年男性の作業中などに起こりやすい。

激しい運動をしていなくても、そもそも体温調節能力が大人に比べて低い子どもや高齢者でも起こりやすいので注意が必要だ。

高齢者の熱中症は、カンカン照りの真夏に最も起こりやすいのはなく、

梅雨前後

の気温上昇時にリスクが最も高くなる。

それは、我々が“春”という一年の中でも最も過ごしやすい季節を過ごしてきて、一見 体調良好で快活だーと考えるかもしれない。

しかし、その過ごしやすい反面、ぬるま湯環境に体が慣れ切ってしまっていて高温環境に対する適応力が低下してしまっているのだ。

今後、徐々に来たる真夏に備えて体が高温環境に適応していく、まさに入口部分である今こそ熱中症発症の最大のリスク時期なのだ。

特に高齢者では、室内で起こる熱中症にも注意が必要だ。

高齢者は、

①室内温度の体感力の鈍化

②その室内温度に対する体温調節能力の低下

③口の渇きを感じる能力が低下しており水分摂取を十分行えていないことが多い。

この3つが重なると最悪なので要注意だ。

発症予防には、電気代節約に拘らずに適切な空調(冷房や除湿)使用や換気による室内温度調節が重要なのと、口の渇きを感じてから水分やNa摂取をするのではなく、1時間に1回コップ1杯の飲水と少々の塩をなめるなど時間を定めて摂取する必要がある。

ここで水に加えてNaを摂取って言うと、どうすればいいの?と思うかもしれない。

上記のように、水道水と少々の塩をなめるでもいいし。

塩をなめると喉が渇くから嫌だというのであれば、ポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツ飲料水を飲めば大丈夫。

ただ、それらの飲み物はおいしくなるよう糖分(砂糖)がたっぷり含まれているから、余裕がある人には経口補水液がおススメ!

経口補水液で有名なのは大塚製薬のOS-1という商品。

OS-1には、Naなどの電解質もしっかりと含まれているので完璧なTHE熱中症対策飲料

大量のまとめ買いで値引きされた上で1本165円。

少し高いなと思うかもしれないが、ただの水じゃないわけで適正価格だから、ご安心を!

ここで、なんで水飲むだけじゃダメなの?と思うかもしれない。

水にはNaなどの電解質が含まれていないので、水だけをひたすら飲み続ければ飲み続けるほど、既に体内に存在する電解質をひたすら飲み続けた水で薄めている(お酒で例えると、焼酎を大量の水で割っているということ)ことになる。

水を大量に飲むことで、おしっこの量ももちろん増えるので、おしっこと一緒にただでさえ薄まってしまい不足している電解質も出ていってしまい、電解質不足に拍車がかかるので要注意だ。

以上、踏まえて高齢者の中でも特に独居高齢者は非常に熱中症リスクが高く注意が必要だ。

私の体験談では、祖父が独居をしていて、近所の人がたまたま所用で訪れてくれたのだが、インターフォンに応答なく、携帯電話へ電話するも一切応答なし。まさか倒れてやしないかと心配して警察を呼んで警察立会いの下、窓を割って室内へ侵入したら真夏にも関わらず、暖房つけっぱなしで祖父が寝ていたそうだ。まさに、独居高齢者の熱中症の典型例だろう。

普段から家を訪れ合うなど、近所付き合いがあり、かつ携帯電話番号を知り合っている近しい関係であったことから事無きを得たものの・・・。

そう考えると人付き合いが希薄な都市部の独居高齢者は、私の経験したこのケースだと命は助かったのだろうか、考えるだけでも恐ろしい。

田舎から上京して、親が実家で独り暮らしをしているといった境遇の人は多いのではないだろうか。

是非、こんな梅雨の入り口で気温が高くなってきた時期、田舎で親が独り暮らしをしている方は、いつもよりもこまめに電話してあげてほしい。

会話のネタがないって?

お盆の打ち合わせでもいいし、あえてこの時期お墓参りを皆でして小宴を設けてもいいかもしれない。

お墓参りは、回忌法要や特別な日以外にしてはいけないわけではない。

いつでも何回でも、生活に無理のない範囲でやればオッケーだ。

新型コロナウイルスに伴う県外移動自粛も解除されるだろうし、これを機に実家へ帰省するのも、ありでしょう。

あるいは、どうしても自分から電話するのが照れてしまうというなら、孫の声を聞かせてあげようってのもありだろう。

熱中症は皆で気を付けて予防して、かかってもなるべく早く見つけて適切な処置をすれば救える命。

新型コロナウイルスも落ち着いて、熱中症で亡くなる人もゼロでありますように。

皆で、笑顔になって、幸せになろう

では。